1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の家@中軽井沢

おとといの宣言どおり、軽井沢での仕事帰りに、「梅の家」へ。麺喰亭@小諸のほうは何度か行ったことがあったが、こちらは初訪問。○房’sの近くで、贅沢な通りですね、ここ。
駐車場があいてないと困るので、駅前の駐車場(1時間まで無料)に停めて、5分くらい歩いて到着。

梅の家1
ラーメン(600円)
初訪問なので、基本のこれで。千葉の竹岡式ラーメン(本場は未食)がベースらしい。醤油ベースのスープは色は濃いが、あっさり、でも物足りなさは感じないしっかりとしたスープ。看板でも謳われているチャーシューは少し濃い目の味付けだが、このスープにはあう。ノーマルラーメンだが、4枚入っている太っ腹な仕様。後は海苔とメンマとタマネギ。このタマネギがいい感じ。新タマなのか仕事がしっかりしているのか、ほとんど辛味は感じず、良いアクセントになっている。

梅の家2
麺は3種類の太さがあるということだが、2種類しか確認できず。麺喰亭ではしっかり3つ堪能したが、ここはそういう仕様か?もっとも、個人的にはこのスープには細ウェーブが好感触。
全体としてみると、この味わいと値段なら、常連さんがつくのも納得できる。ちょうど昼時に行ったのだが、常連さんらしき人たちも多く、カウンター(6席くらい)とテーブル(4人がけ×2)はほぼ埋まっている状態。店主の方が一人で切り盛りされていて、大変そうだったが、その手馴れた様子を見ているのも楽しい。特にカウンターでは厨房の様子がしっかりとわかるので、ラーメンを待っている間も飽きない。ラーメン屋さんはアミューズメントパークですね。
小諸の麺喰亭も記憶をたどると、ここの再現度が高い気がするが、スープはここより若干物足りなかった気もする。再訪して確かめたくなった。

【子連れ的データ】
座敷:なし 子どもイス:多分なし 子どもメニュー:なし
★★ 店内も狭く、子どもがゆっくり座るのは難しそうだが、しっかり座って食べられるなら問題なし。サイドメニューも充実している。

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋 ○房’s@軽井沢

今日は軽井沢に仕事で行く用事があったので、スタンプラリー中ですが、普段は行かないラーメン屋さんへGO!
ということで、中軽井沢駅の近くにある、「麺屋○房’s(まるぼうず)」さんで昼食。お初です。
夢の家と迷ったが、夢の家はあさっての軽井沢出張にとっておくことに。

○房
和風濁らー麺(700円)
※昼食時は半ライス、ミニサラダ、デザートのいずれかがサービス。


初訪問なので迷ったが、今日の欲望に忠実にこれをオーダー。
白濁の豚骨スープに、和風魚介スープが合わせてある。おそらくそれぞれ単体のスープのラーメンもあると思うが、どちらの強さも主張せず、上手くまとまっている。豚骨臭さもなく、魚介のエグミや苦味もない。ガツッて感じではないが、好印象なスープ。麺は中で軽いウェーブ。へたれておらず、ぷりぷりとした好感触。具材は半熟卵半分にメンマ、バラチャーシュー1枚、ネギ、高菜、海苔、ゴマが振ってあり、そして魚粉(カツオ?)がもってある。溶かしても魚介のえぐさは出ない程度。高菜は好みが割れるかもしれないが、個人的には○。しっかりとまとまった一杯が食べられました。強烈なインパクトのあるラーメンではないが、食後に心地よい余韻があった。おいしかったです。

【子連れ的データ】
座敷:あり テーブル席、子どもイス:なし 子どもメニュー:なし?
★★★ 子連れでも問題なくいける。サイドメニューもあるので家族で行っても安心。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

yana

Author:yana
長野県の東信地方に住んでます。ラーメンと酒を愛しています。読んだ本の紹介(備忘録)もしています。写真は自家製ラーメン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム
なにかあればここからお願いします。 コメントも大歓迎です。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参考サイト等
いつもお世話になっているサイトです。
フリーエリア


全品に拡大 無料配送キャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。